村山ピアノ工房

オーバーホールOverhaul

村山ピアノ工房のピアノオーバーホール

私たち村山ピアノ工房のオーバーホールは、お客様と打ち合わせをしてご要望をうかがい、好きな音色を表現すべくこだわって準備します。必要とあれば直輸入で最適なパーツを選びます。
ピアノの持つ特性を見極めて、魅力を最大限に引き出すために、非常に多くの工程を要し、熟練の職人の手によって責任を持って大切なピアノを再生します。

グランドピアノのオーバーホール

本体部分

ピアノの状態をよくチェックしてからオーバーホールに取り掛かります。

古い弦を外してゆきます。

作業風景

フレームを取り外し、古いピンブロック(チューニングピンを支える木で出来た円柱状の部品)を抜き落とします。この時、フレームの裏側もしっかりチェックします。

響板の古い塗料を剥がします。

作業風景

丁寧に木目に沿って研磨します。

作業風景

続いてフレームの塗装です。

作業風景

これは塗装前のフレームです。

作業風景

フレームに新しく金粉塗装が施してゆきます。

作業風景

こんなにキレイになりました。

クレーンで綺麗になったフレームを乗せます。

作業風景

研磨してキレイになったボルトでフレームを慎重に締め付けます。

作業風景

ここから新しいピンブロックを打ち張弦に入ります。

作業風景 作業風景

新しく弦を張るのはとても気持ちの良い作業ですが、弦と響板との圧力のバランス(弦圧)をチェックするのはとても大切な作業でもあります

キーブッシング交換

次は鍵盤の消耗部品であるブッシングクロスを交換します。

作業風景

ただの小さなクロスと思いきや、とても大切な部品で弾き心地に影響します。 鍵盤の小口(前面)も劣化、変色が始まっていたので交換します。 鍵盤を支えるピン等も磨かなければ、弾き心地が悪いだけではなく、部品の磨耗も早いのです。
鍵盤はバフをかけてピカピカに艶を蘇らせます。勿論、交換することもあります。

ダンパー交換・取付

ダンパーと呼ばれている止音するフェルトの交換準備です。

作業風景

ひとつひとつ交換していきます。

作業風景

ダンパーフェルトも一つ一つ交換していきます。

作業風景

取付作業もひとつひとつ手作業です。

作業風景

バックチェック交換

作業風景

ハンマーを正確に受け止め、確実な連続打鍵が可能になります。

ハンマー交換

作業風景 作業風景

ハンマーの交換です。

作業風景

ハンマーファイリングと言って、フェルトを紙やすりで成形する作業です。表面を滑らかに仕上げます。

キーウェイト調整

作業風景
作業風景
作業風景

キーウェイトの調整作業です。お客様のご要望に応じて重くしたり軽くしたりと対応可能です。

整音

作業風景

ハンマーの状態を均一にし、音量・音色のバランスを整えます。

アップライトピアノのオーバーホール

本体部分

古い弦やチューニングピンを取り去りフレームを外します

作業風景 作業風景

準備した後、新しいミュージックワイヤー(弦)を張って行きます。

作業風景

悪い癖をつけないように丁寧に張ってゆきます。

作業風景

すべてのミュージックワイヤーを交換し終えると鍵盤の棚を元に戻します。

作業風景

新しく張った弦(ミュージックワイヤー)は美しく輝いています。新しく裁断されたダンパーフェルトを取り付けます。

作業風景

アクション部分

ダンパー(止音)の古いフェルトを取り去ります。

作業風景

新しく裁断したダンパーフェルトを貼り込みます。

作業風景

アクションは主なレール類を残して殆どの部品が新しくなります。

作業風景

新品の木の部品はとても美しいです。

作業風景

ウィペンと呼ばれるアクションの部品もすべて交換します。

作業風景

ここまでの作業のアクションと本体との調整を繰り返します。

作業風景

新しいハンマーヘッド(ドイツABEL社製)です。

作業風景

どんな音になるか楽しみです。

新しいハンマーヘッドにピアノに合わせて穴あけ加工を施してゆきます。

作業風景

ハンマーヘッドとシャンクをニカワで接着してゆきます。

作業風景

アップライトピアノの場合、針の刺しにくい部分が多いのでBasic needlingは取り付ける前に行います。

作業風景

ハンマーとシャンクのセットしたものを取り付けてゆきます。

作業風景

バランスホール(鍵盤を支えるピンの穴)が長年の弾きこみにより大きくガタツキが出ていました。

作業風景

同じ素材の木で埋めて綺麗に鉋をかけて仕上げます。

作業風景

鍵盤はバフをかけてピカピカに艶を蘇らせます。

作業風景

ペダルもバフで磨き上げて、周りの消耗部品も交換します。

作業風景